windows10でのロシア語入力設定

パソコン(windows)でロシア語を入力したいと思っている方、windowsを適切に設定をすれば、お持ちのパソコンですぐに入力できるようになります。特別なソフトやアプリ、キーボードを購入する必要はありません。

以下にwindows10での設定の仕方をご紹介します。

1.画面の左下にある「ここに入力して検索」の欄に「言語」と入力する 

windows10top

すると【言語の設定】と出てきますので、それをクリックする。  

言語の設定

2.言語を追加する

次のような画面が出てきたら、【優先する言語を追加する】をクリック

優先する言語を追加する

言語の一覧が出てくるので、検索の欄に【ロシア語】と入力

言語の選択

【ロシア語】を選択し、下の【次へ】クリック

ロシア語の追加

【言語パックのインストール】のみにチェックを入れて、下の【インストール】をクリック。

注:「表示言語として設定する」にチェックを入れると、windowsのメニューがすべてロシア語になるので、チェックしない。

言語パックのインストール

注:インターネットを介してダウンロードされますので、ネット環境にご注意ください。

インストールが終わったら、日本語の下にрусскийとあるのを確認する

言語が追加されているか確認

3.キーボードの設定をする

画面の左下の「ここに入力して検索」の欄に「キーボード」と入力すると、「キーボードの詳細設定」が出てくるので、クリック

キーボードの詳細設定

【入力言語のホットキー】をクリック

キーボードの詳細設定

【入力言語を切り替える】を選択し、【キーシーケンスの変更】をクリック

言語バーのオプション

入力言語の切り替えで「左Alt+Shift」を選択し、「OK」をクリック

キーボードの設定

これを設定するとキーボードの「左Alt+Shift」を同時に押すたびに、入力言語(日本語とロシア語の間で)が切り替わります。注:キーボードにより場所は多少異なりますが、だいたい赤の部分にあります。

左Alt+Shift

 

4.ロシア語のキーボード

windowsには標準で【スクリーンキーボード】というアプリが入っています。これを起動するとロシア語のキーボード配列がわかるとともに、楽にロシア語を入力することができます。

左下にある検索欄に「スクリーンキーボード」と入力すると、下記のように立ち上がるのでクリック

スクリーンキーボード

すると画面に日本語のキーボードが立ち上がる

キーボード・日本語

「左Alt+Shift」を同時に押すとロシア語のキーボードに変わる

ロシア語のキーボード

この画面を見ながらキーボード入力することもできるし、マウスで画面のスクリーンキーボードをクリックしても入力できる。

日本語入力に戻したいときは、「左Alt+Shift」を同時に押す。

タスクバーにピン留めするとすぐにスクリーンキーボードを起動できる。

【タスクバーにピン留めする】をクリックする。

タスクバーにピン留め

するとタスクバー(画面一番下の横長のバー)にスクリーンキーボードのアイコンが常に表示される。