通信講座基礎コースⅡ

続けてロシア話を学ぶ人のために

基礎コースⅡは、これまでに習得した基礎コースⅠ程度の知識を基盤として、高度のロシア語の知識を習得する「セミナーコース」への重要な「かけ橋」となるものです。

このコースは、「教わる」ことよりむしろ「自ら学習する」ことに課題の重点を置き、その視点からの添削に心がけますから、受講生も積極的な姿勢で臨んでください。

受講期間

5ヵ月

受講内容

全20課

第1課 移動の動詞、定向と不定向の使い分け
第2課 移動の動詞、接頭辞приとу,вとвы,そしてподとотの使い分け
第3課 移動の動詞、接頭辞про,пере,за,до,о(об),с,взの使い分け、動詞писатьと接頭辞
第4課 動詞の体(1)
第5課 動詞の体(2)、述語副詞と否定詞не
第6課 不完了体副動詞、完了体副動詞
第7課 能動形動詞現在、能動形動詞過去
第8課 被動形動詞現在、被動形動詞過去
第9課 形容詞の長語尾と短語尾、被動形動詞現在と過去の短語尾
第10課 個数詞の変化とその使い方
第11課 集合数詞の変化とその使い方
第12課 数量生格及び部分生格
第13課 所有形容詞の変化と使い方
第14課 完了体・不完了体動詞の命令形、一人称・三人称の命令形
第15課 不定代名詞、不定副詞
第16課 否定代名詞、否定副詞
第17課 理由や原因を表す前置詞
第18課 間接話法と直接話法
第19課 造語法:動詞から名詞へ、形容詞から名詞へ、そして形容詞から動詞へ
第20課 接続詞の使い方と複文

学習の進め方

学院から20課分のテキストと提出用の解答用紙が届く

テキストを読み、解答用紙を作成し、学院に送付する
(週一課を目安に学習を進めてください)

学院から添削された解答が返送される

1)基礎コースⅡでは、基礎コースⅠと同様に実用例を数多く使って、文法を深めます。このコースが修了すると色々な分野のオリジナル文献が読めるようになります。

2)基礎コースⅠと同様に添削問題が各課についています。受講生は担当の教師による添削指導を受けます。

3)質問用紙を使って疑問点を担当の教師に聞いてください。

また、ロシア人講師によって吹き込まれた発音指導用のCDが付いておりますので、おおいに活用し、ロシア語の発音に慣れて下さい。

このコースの修了者はロシア語能力検定の2級(文法)範囲を学習したことになります。

通信講座申込フォーム

通信講座総合案内へもどる