ロシア語到達度判定基準

  文法 会話力 聴取力 読解力 和文露訳
4級 習得語彙数は500。不規則に変化する単語を除いて、基本的な変化は習得している。

範囲 ;不規則な変化をするものを除く各品詞の変化、3つの時制。

簡単な質問には、肯定否定の返事ができる。自らも簡単な質問ならできる。 ゆっくりしたテンポなら、習得語彙数の範囲内で構成される簡単なテクストの内容がほぼ理解できる。 辞書が使え、不規則に変化する単語の少ない文章なら大意をつかむことかできる。 例文を参考にしながら、易しいことばのパターン化された短い文章の露訳ができる。
3級 習得語彙数は1000。不規則に変化するものも含めて、使用頻度の高い単語の変化を習得している。

範囲;簡単な複文、個数詞と順序数詞、比較級と最上級、移動の動詞。

日常生活でよく使われるパターン化された表現を習得している。その範囲内でネイティブスピーカーとも会話ができる。 ゆっくりしたテンポなら、少し長い文章でも理解できる。 学習用に作られた文章なら辞書を使ってかなりのレベルまで、読解できる。 パターン化された短い文章を並べることで、日常生活レベルの長めの文章を作成できる。
2級 習得語彙数は2000。標準語の口頭表現に用いる程度の文法事項は習得している。

範囲;集合数詞、関係代名詞・関係副詞。一般的な完了体と不完了体の形の対応と使い分け、よく使われる形動詞と副動詞。

日常生活に必要な程度の表現力と会話能力がある。買い物や観光などで、かなり役に立つ会話ができる。 日常会話レベルの話が理解でき、それに対応することができる。 専門的なものを除き、新聞・雑誌の記事等を辞書を使って読解できる。 簡単な手紙が書け、よく使われる表現を利用して様々な分野での簡単な和文露訳ができる。
1級 習得語彙数は3000。

範囲;完了体と不完了体の明確な使い分け、関係代名詞の用法、形動詞と副動詞。不定・否定代名詞(副詞)、関係副詞や接続詞を用いた複文、慣用句にみられる文法事項。

準備をすれば、長文のスピーチができ、様々なテーマでロシア人と自由に会話ができる。 ネイティブスピーカーによる一般的なテーマの話が分かり、専門的なテーマの話も事前の準備があれば理解できる。 一部の難解な文章を除いて、基本的にはあらゆる分野の文章を読解できる。 キーポイントになる単語と表現が与えられれば、専門分野の簡単な露訳もできる。