個人文庫

図書館には、関わりの深かった方からの寄贈資料の特別コレクション-「個人文庫」が創設されています。目録(カタログ)は公開していませんので、ご利用になりたい方はお問い合わせ下さい。ただし、井上満文庫と西本昭治文庫は下記からご覧になれます。尚、「個人文庫」は貴重資料扱いのため、館内閲覧のみのご利用となります。

1. 堀江巴一文庫

[ほりえ むらいち:1896年徳島県生まれ~1991年没 日ソ図書館(現日本ロシア語情報図書館)の歴代館長の一人(1966年~1991年)]
1920~30年代のソ連の哲学・経済学・政治学関係図書、パンプ、雑誌、新聞など10,000冊以上。社会主義革命初期のソ連研究に資する政経文献も少なくない。

2. 除村吉太郎文庫

[よけむら よしたろう:1897年群馬県生まれ~1975年没 日ソ学院(現東京ロシア語学院)の初代学院長(1949年~1975年)] 戦前ソ連留学中に集めた約2000冊。帝政時代~1930年代のロシア文学、思想、ロシア語研究図書が中心。19世紀ロシア文学論が豊富。

3. 郡山良光文庫

[こおりやま よしみつ:1910年鹿児島県生まれ~1979年没 元鹿児島短期大学教授] 日露・日ソ交渉、ロシアのシベリア・極東進出、露米アラスカ会社、日露戦争に関する露文・英文図書。テーマの限定された貴重なコレクション約450冊。

4. 丸山政男文庫

[まるやま まさお:1900年東京生まれ~1987年没 元日ソ学院学院長(1976年~1983年)] 1930年代のモスクワ特派員時代に収集した約700冊。主として文学・歴史・地理関係。都市ガイドブック等に興味深いものがある。

5. 井上満文庫

[いのうえ みつる:1900年福岡県生まれ~1959年没 元日ソ学院副学院長]  『日本渡航記』、『日本幽囚記』等の訳書やその参考資料他。

一覧はこちらでご覧になれます。

6. 西本昭治文庫

[にしもと しょうじ:1926年山口県生まれ] 『北から来た黒船』の翻訳中に参考資料として利用した日露関係史に関する図書。

一覧はこちらでご覧になれます

日本ロシア語情報図書館トップページへ戻る