井上満文庫

井上満氏について

井上満先生は、ハルピン日露協会学校(後のハルピン学院)にてロシア語を学んだ後、駐日ソ連大使館勤務。
ゴンチャロフの主要作品をはじめ、数多くのロシア・ソヴィエトの文学作品を日本に紹介した文学者でした。 また、岩波文庫『日本渡航記』『日本幽囚記』の翻訳したことでも広く知られています。
また、日ソ学院(現東京ロシア語学院)の創立にもたずさわり、及びロシア・ソヴィエトを冠した社会活動にも熱心な教育者でもありました。

 

井上満寄贈図書一覧(PDFファイル)

個人文庫トップページへ戻る