第50回全国ロシア語コンクール

結果

7月10日に行われましたコンクールは以下のような結果になりました。

【初級部門】

第1位 古川 采(青森県立青森南高校2年)
第2位 板谷 光夏(関東国際高校3年)
第3位 小原 彩花(都立北園高校2年)

初級集合写真

【一般部門】

第1位 丸山 梨緒(東京外国語大学3年) 
第2位 権平 彩矢香(上智大学4年)
第3位 高橋 瑞樹(東京ロシア語学院3年)
奨励賞 飯村 諭(東京ロシア語学院2年)
努力賞 堀内 なつみ(東京ロシア語学院2年)

一般部門集合写真

実施要項

実施要項PDF

趣旨:ロシア語の運用能力を高め、ロシア語を話す人々との交流・友好の発展を目的とする。

日時:2022年7月10(日)13:00??

場所:東京ロシア語学院2F

開催方法:対面式 

※※新型コロナウイルス感染拡大の影響から、本年のスピーチコンクールは感染対策の上、観客の人数を制限して実施致します。なお、感染状況が悪化し、緊急事態宣言等が発出された場合、無観客やコンクールを中止することもあります。
※観客は出場者ごとに関係者1名までとし、氏名と連絡先を申し込み時に届けて下さい。

募集部門

【初級部門】3分以内のスピーチ (注:質疑応答はありません)

【一般部門】5分以内のスピーチ+質疑応答

※ロシア語専攻大学生で、2学年以上の方は一般部門にお申し込みください。

応募資格

次の条件以外の方はどなたでもご応募できます。

応募方法

下記書類の電子データをE-mail添付でお送りください。

必要書類

  1. 申込書(下記バナーをクリックしてダウンロードしてください)
    以下を明記ください。
    ①申込するグループ【初級部門】か【一般部門】のいずれか
    (露・和文併記)②氏名③スピーチ題名
    (和文表記)④住所、⑤電話番号、⑥メールアドレス、⑦年齢、⑧職業/学校名と学年、⑨ロシア語学習歴(通算年数)、⑩ロシア語圏滞在歴(通算年数)
  2. スピーチ原稿:(申込書と別紙)全文ロシア語(word文書形式/A4)
    テーマは自由ですが趣旨に基づき、スピーチ時間厳守でお願いします。
    原稿の初めには、必ずロシア語でスピーチ題名と氏名を入れてください。
  3. スピーチ原稿の日本語要約文章400字以内

申込書pdf

申込書word

参加費

1000円 (スピーチ原稿提出時に郵便振替、銀行送金で納入ください)
郵便振替 00190-6-71351 「日本ユーラシア協会」
銀行振込 三井住友銀行 経堂支店 (普通)6948169 「日本ユーラシア協会」

申込方法

メール: ruscon@jp-euras.org  件名は全国ロシア語コンクール申込

※事前審査をパスしなかった場合、コロナ感染症が拡大し、ロシア語コンクールが中止となった場合でも、参加費¥1,000はご返金できませんので、あらかじめご了承の上、お申込みください。

応募書類受領の連絡がなかった場合、応募者ご本人から確認のお電話をお願いします。電話番号:03-3429-8231(日本ユーラシア協会)
なお、提出後の原稿変更は受付しません。

参加決定

応募基準に適しているかどうか事前審査を行い、結果を直接ご本人に通知いたします。

審査の目安

難しいロシア語よりも、正確でわかりやすいロシア語スピーチを重視します。

お申込期間

2022年6月1日(水)??6月20日(月)午後5時必着

【初級部門】:1位??3位:賞状、メダル、入賞記念品

【一般部門】:1位 賞状、メダル、ロシア語研修(※1か月、オンラインを予定) 2位、3位 賞状、メダル、入賞記念品

※その他特別賞あり。初級、一般部門共に参加者全員に記念品贈呈。

●今回のコンクールではアトラクションの募集はしておりません。

主催:東京ロシア語学院、日本ユーラシア協会

後援:朝日新聞社、イスクラ産業、井上満・ちとせ記念会、ナウカ・ジャパン、毎日新聞社、ロシア語通訳協会、ロシア日本協会、