学校法人日ソ学園 東京ロシア語学院

ロシア語をはじめましょう

日口関係は今大きく変わろうとしています。

テレビや新聞でロシアの新しい情報を目にする機会も増えました。もちろん良いニュースばかりではありませんが、これまであまり知られていなかったロシア各地の出来事や暮らしの様子なども広く紹介されるようになっています。
ロシア出身のスポーツ選手の活躍に一喜一憂する日も少なくありません。展覧会やコンサートなどでロシアの芸術文化に直接触れる機会も増えています。

最近、日本を訪れるロシア人の数も増えており、日本のあちこちでロシア人やロシア語に出会うことも珍しくありません。また、日本人のなかでもロシアの美しい芸術や文化に興味を持つ方が増え、ロシアを訪れる日本人も多くなり、ロシア人と日本人との直接交流の機会も増えてきたのです。

ここ数年、本学で学びロシアへと出かけるメーカー、商社のビジネスマンも少なくありません。
自動車メーカーの現地工場建設をはじめとする日本企業の進出に呼応するかのように、日本の大手銀行も本格的な活動を開始しています。日本の経済界はロシアに対してすでに新たな段階へと急速に進みつつあります。
また、困難ななかで頑張ってきた対ロシア中小専門商社の活躍も見逃せません。様々な分野でメーカーと生産者との直接交渉の機会も以前より増えてきており、これから大いに期待されるところです。

また、昨年、チャイコフスキー国際コンクールのヴァイオリン部門で日本人が優勝しましたが、その表彰会場中央に日本の自動車メーカーのロゴタイプがありました。経済交流の活発化は、単に経済という狭い分野にとどまることはなく、文化、芸術、スポーツなどのさまざまな分野で現地の人々や団体の支援を行うこととなっています。
芸術やスポーツの交流は今後ますます活発化していくでしょう。

こうした大小さまざまな事業を推し進めてゆくときだからこそ、今、真に相手との意思疎通をはかり、心を開いた意見の交換を行うことのできるロシア語の力が求められています。

しかしながら、ロシア語を身につけ実際のソ連・ロシアを体験し、ロシアに住むひとたちの生活と考え方に触れたひとの数が不足しています。
ひとつの期を画すことになるかもしれない日口間の新たな胎動が感じられる今こそ、ロシア語をしっかり学び身につけ各分野でそれを生かすことのできる絶好のチャンスと言えるでしょう。

東京ロシア語学院はこれまでも、商社、流通システム、メーカー、旅行会社などの社員として、演劇、音楽等文化関連のスタッフとして、さらには各分野専門の通訳など個人としても日露関係の最前線で活躍する多くの人材を輩出してきました。
また現在も様々な会社から学生数を上回る求人申込をいただいております。また2007年度よりパソコンを利用したPCALL教室を導入し本格的な視聴覚教育を新に開始しています。是非この機会にわたしたちの学院でロシア語を始めてみませんか。ゆっくりではありますが、ロシア語学習を通して、きっと明るい未来が見えてくるに違いありません。

学院は皆さんのお役に立てるよう全力をあげて応援します。

東京ロシア語学院